スポンサードリンク

Top >  バンカーでのルール >  バンカーショットで2度打ち

バンカーショットで2度打ち

筆者みたいなゴルフ初心者が一番苦労するバンカーショット。バンカーショットの1度のストロークで、ゴルフクラブへ2回ボールが当たったという、いかにもありそうな状況の場合の罰則です。

gof023-s.jpg

この状況では、行ったストロークを一打とカウントし、罰則で一罰打が加算されて、2ストロークと計算されることになります。

さらに厳しいのが、打ったボールがバンカーの土手で跳ね返ってクラブに当たった場合、2度打ちとは解釈されず、2罰打が課せられます。

初心者には特に難しいバンカーショットも、ゴルフを上手くなるためには練習あるのみですね。

スポンサードリンク

バンカーでのルール

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、バンカー(ハザード)でのルールについて書いています。

>>人気のゴルフ場を格安で予約するのにとても便利です!

関連エントリー

バンカーショットで人の球を打ってしまった スタンスしてる時にボールが動いたら バンカー内のショットで他のボールが動いたら バンカー土手の球を打つのに砂に接触させアドレスした バンカー内に2本のクラブを持ち込む バンカーショットで失敗しても砂にはあたれない バンカーでドロップしたボールが砂に埋もれたら バンカーショットで2度打ち 満水のバンカーにボールが入ってしまったら バンカー内での素振り