スポンサードリンク

Top >  ゴルフ用語(あいうえお順) >  ドロップ

ドロップ

ドロップとは、ゴルフボールを手を使ってひろい上げ、決められた方法でゴルフコースの上に落とすことで、ボールがウォーターハザードに入ってしまった時などに使用します。

規則では「プレーヤーは真っ直ぐに立ち、球を方の高さに持って腕を伸ばしたままドロップしなければならない」とされています。

ドロップの方法を間違ってしまった時には、もう一度ドロップしなおします。これを再ドロップといいます。

スポンサードリンク

ゴルフ用語(あいうえお順)

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、ゴルフで使われる用語について書いています。

>>人気のゴルフ場を格安で予約するのにとても便利です!

関連エントリー

アウトオブバウンズ(OB) アドレス アンプレヤブル インプレー ウォーターハザード オナー カジュアルウォーター キャディ 競技者・同伴競技者 局外者 誤球 (ゴルフ)コース 障害物 スタンス ストローク ストロークプレー スルーザグリーン ゴルフの打数 ティインググラウンド(ティグラウンド) ドロップ パッティンググリーン パートナー ハザード 旗竿(ピン) バンカー 罰打 プレースとリプレース ホール 紛失球 マーカー マッチプレー ラテラルウォーターハザード ラブオブザグリーン ルースインペディメント