スポンサードリンク

Top >  ルールその他 >  ゴルフクラブが折れた

ゴルフクラブが折れた

ゴルフのプレー中にクラブが折れることもあります。スイング中のどの時点でクラブが折れたのかで、ストロークとしてカウントされるされないが変わります。

gum09_ph03052-s.jpg

バックスイング中にクラブが折れ、そのままスイングして空振りに終わった場合には、ストロークを行ったことにはなりません。ストロークはクラブを使って行うものであり、折れたシャフトでスイングしてもストロークを行ったことにはなりません。

クラブの折損がダウンスイング中で、結果的に空振りであった場合には、ストロークを行ったことになります。また、ダウンスイング中に折れてスイングは空振りになり、折れたヘッドがボールに当たった場合にもスイングがカウントされます。ボールはそのままの状態でプレーをすることになります。

折れたクラブは通常交換することが出来ます。ただし、交換するのに5分以上の時間がかかると、プレーを不当に遅らせたことになり、2罰打が課せられます。

スポンサードリンク

ルールその他

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、その他のルールについて書いています。

>>人気のゴルフ場を格安で予約するのにとても便利です!

関連エントリー

スタート前に空いたコースで練習? 正規ラウンド中の道具の調整 ゴルフクラブが折れた 実際のスコアより少なく申告した ゴルフクラブの本数が上限を超えていた! 同伴者のクラブを借りたら 正規ラウンド中のアドバイス キャディにショットをアドバイスしてもらった