スポンサードリンク

Top >  ゴルフ用語(あいうえお順) >  アンプレヤブル

アンプレヤブル

アンプレヤブルとは、何らかの障害物によりゴルフボールを打てない状態をいいます。

規則では「球がウォーターハザード内以外の所にある場合は、プレーヤーは、コース上のどこででも、自分の球をアンプレヤブルとみなすことができる」とされています。

それではいったいアンプレヤブルであるかいなかの判断は誰がするのかというと、プレーヤー自身です。プレーヤーによってはアンプレヤブルであったりなかったりするはずです。しかし、あくまでプレーヤー自身の判断でアンプレヤブルは決定出来ますので、周りの意見に従う必要はありません。ただし、メリットだけがあるだけではなく、1打が付加されることになります。

アンプレヤブルを行う時は、アンプレヤブルであるとの宣言をして、以下のいずれかの方法をとります。
・ホールとゴルフボールが止まっていたところを線で結んだ上にドロップを行う。
・ゴルフボールを打った一番近い地点から打ち直す。
・ゴルフボールがある地点から2クラブレングス(ドライバーが基準となる、ゴルフクラブ2本分)の範囲内にドロップする。ただし、ホールにボールが近づいてはいけない。

スポンサードリンク

ゴルフ用語(あいうえお順)

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、ゴルフで使われる用語について書いています。

>>人気のゴルフ場を格安で予約するのにとても便利です!

関連エントリー

アウトオブバウンズ(OB) アドレス アンプレヤブル インプレー ウォーターハザード オナー カジュアルウォーター キャディ 競技者・同伴競技者 局外者 誤球 (ゴルフ)コース 障害物 スタンス ストローク ストロークプレー スルーザグリーン ゴルフの打数 ティインググラウンド(ティグラウンド) ドロップ パッティンググリーン パートナー ハザード 旗竿(ピン) バンカー 罰打 プレースとリプレース ホール 紛失球 マーカー マッチプレー ラテラルウォーターハザード ラブオブザグリーン ルースインペディメント