スポンサードリンク

Top >  ルールその他 >  正規ラウンド中の道具の調整

正規ラウンド中の道具の調整

ilm12_ab05029-s.jpg

当たりが悪いからといってゴルフクラブのヘッドの調整のため鉛の板を貼り付ける、または取り付けてあった鉛の板を取り外した場合は、協議失格になってしまいます。

正規のラウンド中にクラブの性能は調整その他の方法により故意に変更してはならないという規則があります。

クラブの調整はラウンド前にやっておくべきであり、ラウンドに入ってから調整を行う行為はフェアではないということですね。例え調子よくラウンドを回れても協議失格になります。

スポンサードリンク

ルールその他

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、その他のルールについて書いています。

>>人気のゴルフ場を格安で予約するのにとても便利です!

関連エントリー

スタート前に空いたコースで練習? 正規ラウンド中の道具の調整 ゴルフクラブが折れた 実際のスコアより少なく申告した ゴルフクラブの本数が上限を超えていた! 同伴者のクラブを借りたら 正規ラウンド中のアドバイス キャディにショットをアドバイスしてもらった