スポンサードリンク

Top >  グリーンでのルール >  スパイクでついた傷あとをパットの前になおした

スパイクでついた傷あとをパットの前になおした

スパイクによって傷つきグリーンがでこぼこになっていようとも、パッティングを行う前になおしてしまったら2罰打のペナルティが課せられます。

gof026-s.jpg

自分がパッティングするライン上がでこぼこであれば誰だって気になってしまいますが、ホールアウトしてからでないとペナルティです。

だだし、規則では「古いホールの埋後や球の衝撃によるグリーン面の損傷を修理することができる」とありますから、こちらを修復する場合は、ペナルティではありません。

スポンサードリンク

グリーンでのルール

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、グリーンでのルールについて書いています。

>>人気のゴルフ場を格安で予約するのにとても便利です!

関連エントリー

ホールインしそうになりあわててピンを抜いたら? ゴルフボールがピンとホールの間にはさまったら マークを忘れてボールを拾った アドレスの時パターがゴルフボールに触れて動いた ピンが立ったままホールイン グリーンで風によりボールが動いたら パッティングライン上の木の葉をどかす アドレスの時パターがゴルフボールに触れた スパイクでついた傷あとをパットの前になおした キャディさんに傘をさしてもらいパットした