スポンサードリンク

Top >  ウォーターハザードでのルール >  小川の上の橋にボールがとまった

小川の上の橋にボールがとまった

小川の上の橋にボールがとまったとしたら、どのようなルールが適応されプレーされるのでしょうか?

橋自体は動かせない障害物ですから、プレーに支障をきたす場合には1クラブレングス(ドライバーが基準となる、ゴルフクラブ1本分)以内にドロップ出来るという救済措置がとられます。しかし、ゴルフボールが止まった場所は小川の上の橋、つまりウォーターハザードの範囲内ということになります。

そのままの状態でボールを打つ、もしくは1打加算されますが、後方線上へドロップするかになります。バンカーショットと同じく、ウォーターハザードでもゴルフクラブをソールしてはいけませんが、この橋の上の場合にはソールして打つことが出来ます。

スポンサードリンク

ウォーターハザードでのルール

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、ウォーターハザードでのルールについて書いています。

>>人気のゴルフ場を格安で予約するのにとても便利です!

関連エントリー

ゴルフボールが小川に入って流された ウォーターハザードの干上がった部分 ウォーターハザードから再びウォーターハザードへ? ラテラルウォーターハザードでの処理 小川の上の橋にボールがとまった ウォーターハザード表示杭のとなりにボールが止まった 池からあふれた水はウォーターハザード? ウォーターハザードの浅瀬でボールがゆらゆら