スポンサードリンク

Top >  スルーザグリーンでのルール >  ドロップしたボールが自分の足に当たった

ドロップしたボールが自分の足に当たった

障害物からの救済やウォーターハザードへボールが入った時などにドロップを行います。

cbt087-s.jpg

そのドロップしたゴルフボールが、自分の足や自分の携帯品へ当たってしまった場合ペナルティはありませんが、もう一度ドロップしなおす必要があります。万一再度ドロップを行わずそのまま打ってしまった場合には、2罰打となります。

また、規則にある「プレーヤーは真っ直ぐに立ち、球を方の高さに持って腕を伸ばしたままドロップしなければならない」というドロップ方法を間違ってしまった場合にも、再度ドロップしなければなりません。そのまま打ってしまうと、こちらも2罰打です。

スポンサードリンク

スルーザグリーンでのルール

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、スルーザグリーンでのルールについて書いています。

>>人気のゴルフ場を格安で予約するのにとても便利です!

関連エントリー

ドロップするとウォーターハザードに入りそう ドロップしたボールが自分の足に当たった ラフで自分のボールを蹴った スイングに邪魔な木の枝を折った 斜面で動き出したボールを打ったら? キャディさんを目印にショットした ボールが汚れて自分のボールか確認出来ない ゴルフボールが傷ついて使えない ショットしたボールが木に引っかかったら からすがゴルフボールを持っていってしまった 打ったボールが物で跳ね返り人や物に当たったら フェアウェイに落ちた木の枝の上にボールが止まった