Top >  ルールその他

ルールその他

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、その他のルールについて書いています。

ルールその他一覧

lime.jpg

スタート前に空いたコースで練習?

スタートに時間がかかるからといって、空いた時間に空いているコースで練習してもよいのでしょうか? 規則ではこう決められています。「ストロークプレー競技日のラウンドやプレーオフ前に、競技者は競技の行われる...

正規ラウンド中の道具の調整

当たりが悪いからといってゴルフクラブのヘッドの調整のため鉛の板を貼り付ける、または取り付けてあった鉛の板を取り外した場合は、協議失格になってしまいます。 正規のラウンド中にクラブの性能は調整その他の...

ゴルフクラブが折れた

ゴルフのプレー中にクラブが折れることもあります。スイング中のどの時点でクラブが折れたのかで、ストロークとしてカウントされるされないが変わります。 バックスイング中にクラブが折れ、そのままスイングして空...

実際のスコアより少なく申告した

実際のスコアより少ない打数をカードに記入し申告してしまった場合には、競技失格となってしまいます。故意に少ない打数を申告すればもちろん失格が妥当ですが、スコアの誤記であっても競技には失格となってしまい...

ゴルフクラブの本数が上限を超えていた!

ゴルフクラブを15本や16本持って正規ラウンドをスタートしてしまったら、各ホールに対して2罰打、1ラウンドに対して最高で4罰打が課せられます。 クラブを持てる上限は14本です。超過した本数には関係が...

同伴者のクラブを借りたら

他人の芝生はよく見えるといったことわざがあります。ましてや芝生の上でゴルフはプレーをしていますから、余計に同伴者のゴルフクラブがよく飛びそうに見えるかもしれませんが、クラブ借りてプレーを行うと2罰打と...

正規ラウンド中のアドバイス

正規のラウンド中に同伴者へアドバイスを行うと、2罰打となってしまいます。アドバイスも要求されていないのに、よかれと思ってアドバイスしても2罰打となります。 アドバイスとは皆が認知している事項、例えばピ...

キャディにショットをアドバイスしてもらった

キャディさんにショットをアドバイスしてもらったとしても、何のペナルティも課せられません。 ただし、アドバイスしてもらうのは自分のキャディさんで、同伴競技者のキャディさんへアドバイスを求めると、ペナルテ...