Top >  ゴルフ用語(あいうえお順)

ゴルフ用語(あいうえお順)

ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、ゴルフで使われる用語について書いています。

ゴルフ用語(あいうえお順)一覧

lime.jpg

アウトオブバウンズ(OB)

アウトオブバウンズとは、略するとOBです。アウトオブバウンズという言葉は知らなくても、OBという言葉はほとんどの方が知っていると思います。 逆にゴルフをやっている、あるいは興味がある人しかアウトオブバ...

アドレス

アドレスとは、ゴルフボールを打つために構えることです。アドレスは、「プレーヤーがスタンスをとってクラブを地面に付けた時に、そのプレーヤーはアドレスしたという」という風に用語では定義されています。 アド...

アンプレヤブル

アンプレヤブルとは、何らかの障害物によりゴルフボールを打てない状態をいいます。 規則では「球がウォーターハザード内以外の所にある場合は、プレーヤーは、コース上のどこででも、自分の球をアンプレヤブルとみ...

インプレー

インプレーとは、ゴルフプレーヤーがティショットを打ってから、ゴルフボールがホールにインするまでの状態のことです。 用語の定義では、「球をプレーヤーがティインググラウンドでストロークをした時にすでにイン...

ウォーターハザード

ウォーターハザードとは、ゴルフコースを流れる川や湖、隣接する海など水に関係している場所のことですが、正確には水があるかないかは関係がなく、ウォーターハザードの区域内であれば芝が生えている部分でもウォー...

オナー

オナーとは名誉という意味で、同じ組で一番最初にショットする人のことです。オーナーと似ているので、間違いやすいですが、オナーはオーナーではありませんし、意味も違います。 一番初めのホールでは抽選などでオ...

カジュアルウォーター

カジュアルウォーターとは、ゴルフコースに雨などが降って出来た一時的な水たまりのことです。一時的に生じたものであるため、ルール上ウォーターハザードとは違う扱いです。 雪と下を除く自然の氷の場合には、カジ...

キャディ

キャディとは、プレーヤーのクラブ選びやグリーンの状況を教えてくれる自分の味方であり、プレーヤーを助けてくれる人のことです。一般のゴルフプレーでは、プレーヤー4人に1人のキャディが付きます。これを共用の...

競技者・同伴競技者

競技者とはストロークプレーでプレーするプレーヤーを指します。同伴競技者とは一緒にプレーする人物を指します。同伴競技者はパートナーと混同しやすいのですが、競技者・同伴競技者ともにパートナーではありません...

局外者

局外者とはゴルフプレーに関係がない者のことで、ストロークプレーにおいては競技者サイドに関係がない人など、マッチプレーにおいてはマッチに関係がない人などのことです。 審判員やフォアキャディ、カラスなどの...

誤球

誤球とは自分のゴルフボールと間違って、他の人のボールを打ってしまうことです。 誤球にはペナルティがあります。誤球でのプレーは打数にはカウントされませんが、2罰打が加えられたうえに自分のゴルフボールを打...

(ゴルフ)コース

ゴルフにおいてのコースとは、用語の定義としては「委員会が定めた境界の内側全域をいう」とされています。 ゴルフコースは18ホール全てを指し、ひとつひとつのホールはコースとはいい表わしません。 前半の9...

障害物

ゴルフにおける障害物とは人工の物件をいいます。道路、通路の人工の表面と側面、および人造の氷を含むと定義されています。 なお、定義では以下のものは障害物に含まれません。 ・アウトオブバウンズ(OB)の境...

スタンス

スタンスとはゴルフボールを打つ意思を持ち、構えた足の位置のことです。 用語の定義としては「プレーヤーがストロークのために足の位置を決めた時に、そのプレーヤーはスタンスをとったことになる」とされています...

ストローク

ストロークとは打球という意味ですが、ルール上は以下のように定義されています。 「ストロークとは球を打って動かすという意思を持って行われたクラブの前方への動きをいうが、クラブヘッドが球に届く前にプレーヤ...

ストロークプレー

ストロークプレーは競技方法のひとつで、ストローク数を合算して最も少ない打数でプレーを終わった者が優勝者になります。 現在、多くのゴルフ競技がストロークプレーで行われますが、本来ゴルフは1ホールごとに勝...

スルーザグリーン

スルーザグリーンとは、フェアウェイやグリーン、林などの総称です。用語の定義では「プレー中のホールのティインググラウンドとグリーン」「コース内の全てのハザード」を省いた全ての場所とされています。 すなわ...

ゴルフの打数

ゴルフの打数は定義されているものではありませんが、一般的に以下のように表現されます。 ・ホールインワン:第1打でゴルフボールをカップに沈めることです。これ以上のものはありません。 ・アルバトロス:規定...

ティインググラウンド(ティグラウンド)

ティインググラウンド(ティグラウンド)とは、ホールをスタートする地点のことです。 ティインググラウンドは長方形の形をしており、奥行きが※2クラブレングスで、前方と横側の辺はティマーカー外側の先端を結ん...

ドロップ

ドロップとは、ゴルフボールを手を使ってひろい上げ、決められた方法でゴルフコースの上に落とすことで、ボールがウォーターハザードに入ってしまった時などに使用します。 規則では「プレーヤーは真っ直ぐに立ち、...

パッティンググリーン

パッティンググリーンとはいわゆるグリーンのことで、芝には高麗芝などの目が詰まったものが使用されます。グリーンの上には、ゴルフボールを入れるためのホール(カップ)が設置されます。 グリーンがでこぼこでは...

パートナー

ゴルフにおけるパートナーとは、自分の見方となるプレーヤーのことであって、間違いやすいですが正確には同伴競技者のことではありません。 用語の定義では「パートナーとは同じサイドの見方のプレーヤーをいう。ス...

ハザード

ハザードとは、筆者の様な初心者が最も苦手としている、バンカーとウォーターハザード、小川などの特殊な形状であるラテラルウォーターハザードの総称です。 バンカーは芝生や土の代わりに砂がへこみに入れられて作...

旗竿(ピン)

旗竿は一般的にはピンとよばれる、グリーンのホールの位置を示すためにおかれる棒のことです。 旗竿という名称ですから旗が付いているのが当然のようですが、用語の定義では「旗竿とはホールの位置を示すためにホー...

バンカー

バンカーとは、芝生や土の代わりに砂が入れられている区域で、一般的にくぼみに作られます。 ウォーターハザードと並んで、筆者みたいな初心者泣かせのハザードのひとつです。 バンカーは設置位置によりクロスバ...

罰打

罰打とは、「規則に基づいてプレーヤーまたはプレーヤーサイドのスコアに加えられるストローク数をいう」とされています。いわゆるペナルティのことです。 通常、1ペナルティ・1ペナ、2ペナルティ・2ペナという...

プレースとリプレース

プレースとリプレースは、どちらも地面にゴルフボールを置くことですが、意味が違います。 プレースは手でちがう場所にボールをおくこと、もしくはちがうゴルフボールを置くことです。リプレースはボールを元の位置...

ホール

ホールとは、グリーンにあるカップのことで、ゴルフの目的はこのホールにボールを入れること。球がホールに入ることをホールインまたはカップインといいます。ホールインは、ボールの全体がホールのふちより下に入ら...

紛失球

紛失球とは、インプレー(ティショット~ホールインまで)のボールを紛失することです。紛失球とされるのは、以下の場合です。 ・プレーヤーやキャディが紛失したボールをさがしはじめて、5分以内に見つからない場...

マーカー

マーカーとは、ストロークの数によって競技を行うストロークプレーにおいてスコアの記録を行う人のことで、審判ではありません。 マーカーは、委員会によって任命された人が行いますが、同伴競技者がマーカーを行う...

マッチプレー

マッチプレーとは、各ホールごとに勝敗を決める競技方法で、多くのホールで勝利を収めた方が勝者になります。 マッチプレーには、シングルマッチ(1対1で競う)、フォアボール(ふたりの間でスコアがよい方と別の...

ラテラルウォーターハザード

ラテラルウォーターハザードとは、特殊なウォーターハザードを指し、小川などが該当します。 ボールがウォーターハザードに入った場合に、ウォーターハザードの境界線を横切った地点と、ホールとを結んだライン上で...

ラブオブザグリーン

ラブオブザグリーンとは、動いているボールが同伴競技者など局外者によって止められたり方向を変えられたりすることをいいます。 こうなった場合には、ペナルティにはならずにボールが止まったところから競技を行う...

ルースインペディメント

ルースインペディメントとは自然物のことで、次のものを含みます。 ・石、木の葉、木の枝など ・動物の糞 ・虫類や虫類が地上に吐き出したもの、吐き出したものの山 ただし、次のものは含みません ・固定されて...